農地情報 果樹

※『YES! clean』・・・化学肥料や化学合成農薬の使用などに関する一定の基準をクリアした生産集団を登録し、生産・出荷する農産物に「YES! clean」マークとともにその使用状況の情報を表示する道独自の表示制度(正式名称は「北のクリーン農産物表示制度」)

 

りんご

増毛地域のりんご栽培は古く、1878年(明治11年)から始まり、今でも伝統的な品種も多く、大切に栽培されていて、懐かしのりんごから今時のりんごまで多様な味が楽しめます。きっと皆さんのお好みのりんごが見つかりますよ(つがる、旭、レッドゴールド、ふじ、北斗、スターキング、リチャード、王林、ハックナインなど)。

出荷期間

出荷時期 品種 コ メント
10月中旬〜
11月上旬
レッドゴールド 「ゴルデンデリシャス」と「リチャードデリシャス」の交配種で寒冷地に適した品種です。大きさは中玉(250g程度)で蜜が入っており、シャキシャキとして果汁たっぷりのりんごです。。
10月上旬〜
10月中旬
つがる ジューシーな甘みが特徴。北海道産つがるは着色が良く、糖度が高いのでお子様のおやつとしていかがでしょうか。
10月上旬〜
10月中旬
明治初期に北海道開拓使によってアメリカから導入された「旭」は、現在では収穫量が激減し、幻のりんごとなってしまいました。やや大玉で白い果肉と柔らかくジューシー、爽やかな酸味が特徴です。また、部屋においておくと部屋中りんごの香りに満ちるほど芳香が豊かで、皮を干してアップルティーに利用する人もいます。
11月中旬〜
11月下旬
ハックナイン 「ふじ」と「つがる」を交配して育成された北海道生まれの品種で、選抜の際に付けられていた番号(HAC9)がそのまま品種名となりました。大玉で甘さと酸味が調和したジューシーさが最大の特徴で、ジュースにも最適です。貯蔵性もあり1ヶ月程度は保存できます。
10月中旬〜
11月上旬
紅将軍 ふじ系統の『やたか』改良版である品種。蜜入りが多くシャクシャクとした食感が良く、増毛で近年多く生産されている品種です。

 

農業情報 果樹 - りんご

 

梨

古くから梨といえば北海道では食感がシャリシャリした「千両梨」(和梨)が一般的ですが、増毛では「パートレット」をはじめ、「マーガレットマリア」「オーロラ」「ブランデーワイン」などの洋梨が栽培面積の80%以上を占めています。洋梨は、収穫してすぐに食べられるわけではなく、表面の色が黄色に変わり柔らかくなるまでの追熟期間が必要で、その後しっとりとした食感となりおいしく召し上がれます。

出荷期間

出荷時期 品種 コ メント
9月下旬〜
9月中旬
パートレット 明治初期にイギリスから輸入された西洋梨で果汁も多く、甘味と適度な酸味があり、生食・加工を問わない万能品種です。
9月中旬〜
9月下旬
マーガレットマリア
マリゲリット・マリーラ
フランス生まれで酸味が少なく、爽やかな甘味で、大きさが500g以上と大きく、贈答用として喜ばれます。
9月下旬〜
10月上旬
ブランデーワイン 200g前後と果実は小ぶりですが、名前のとおり追熟期間後のほのかなブランデーの香りとワインのような芳醇な味わいが魅力です。
9月下旬〜
10月上旬
オーロラ マリゲリット・マリーラとパートレットの交配品種で果汁が多く、糖度は16度以上の甘さがあり、大きさも300g〜350gと食べやすい大きさの品種で、近年生産が増えています。
10月上旬〜
10月中旬
千両 シャリシャリとした食感で昔から親しまれている和梨です。食感を楽しみたい方はやや緑色の状態で、甘みをお求めの方はうっすら黄色くなってきたころに召し上がってください。

農業情報 果樹 - 梨

 

さくらんぼ

増毛のさくらんぼは、多くが雨よけハウスで栽培されており、雨による裂果(実の割れ)の心配が少なく、大切な方への贈答用としても安心してお使いいただけます。さくらんぼの獲れる期間中には、来園者にさくらんぼを無料で提供(約300g)する『さくらんぼ食べにおいDAY』というイベントも数回行っていますので、ご家族で是非お越しください。

出荷期間

出荷時期 品種 コ メント
7月上旬〜
7月中旬
佐藤錦 さくらんぼといえば佐藤錦!!と言うくらい、増毛でも栽培面積の多い品種です。味は甘みと酸味のバランスがよく、たくさん食べてもあきのこない品種です。
7月中旬〜
7月下旬
サミット 見た目は可愛いハート形で大粒。大粒ですが、皮が薄く食べ応えもGoooood!!です。見た目が『アメリカンチェリー』と似ているので『アメチェ』思われる事が多いようですが、『アメチェ』とは違ったれっきとした、さくらんぼの品種です。ちなみに名前の由来は諸説ありますが、沖縄県で実際にサミットが開催された時に、出品したのが『サミット』の名前を広めることになったとか・・・
7月中旬〜
7月下旬
紅秀峰 『佐藤錦』と『天香錦』とのかけ合わせで、果肉はクリーム色で糖度は20度前後と高く酸味も少なく、増毛では近年栽培面積、収穫量ともに伸びている種類です。
7月中旬〜
7月下旬
南陽 とにかく園地でも大粒が多くて、見た感じの色もよく、食べても甘くて『さくらんぼを食べたー』という満足感十分だと思います。

 ※さくらんぼは生ものですので、ご自宅に到着後はお早めにお召し上がりください。
2回、3回に分けて食べられる場合は、食べる分だけ洗って、残りはそのまま冷蔵庫に入れて保管してください。

農業情報 果樹 - さくらんぼ